レビュー 映画

【映画】 ”ラ・ラ・ランド”をさっそく見てみたよ (ネタバレなし)

更新日:


   こんにちは、たまこです_(┐「ε:)_

 

今回紹介させてもらうのは...

   ”ラ・ラ・ランド”です

f:id:tamakomaru:20170308001540p:plain

今回もアニメを紹介しようかなと思っていたのですが、あまりにこの映画のインパクトが大きかったので変更させてもらいました笑

※この記事には極力ネタバレはないように話しますが、多少のストーリーの紹介などはあるので、ご理解のほどお願いしますm(_ _)m

 

 

   あらすじ

夢追い人が集まる街、ロサンゼルス。映画スタジオのカフェで働くミア<エマ・ストーン>は女優を目指していたが、何度オーディションを受けても落ちてばかり。ある日、ミアは場末のバーでピアノを弾くセバスチャン<ライアン・ゴズリング>と出会う。彼はいつか自分の店を持ち、本格的なジャズを思う存分演奏したいと願っていた。やがて二人は恋におち、互いの夢を応援し合うが、セバスチャンが生活のために加入したバンドが成功したことから二人の心はすれ違い始める……。(フィルスマークより引用)

   ひとこと感想

まず映画を見て始めに思ったのは、

”古き良き現代版ミュージカルの最高峰”

まず、始めにこの映画を見るようになったきっかけですが、この映画はデイミアン・チャゼルという、前作の”セッション”という映画で一躍有名になった監督が指揮をとりました。

f:id:tamakomaru:20170308003033p:plain

わたしは、とにかくJAZZ大好き人間なので、前作のセッションは私の中でもとても大切な作品であり、初めてみた時の衝撃がいまでも忘れられません。

(ほんとラストの演奏シーンは映画史に残るぐらい)

   そんなわたしが”ラ・ラ・ランド”のCMを見て、

『セッションの監督だと!? それもミュージカル(゚ω゚)!!!』

もうこんなん行くしかないですよね笑

   とういうわけで観に行ってきましたが、

いやーやられました_(┐「ε:)_笑

いい意味で期待を裏切られましたね。

まずオープニングは、ディズニーのアニメみたいに突然みんなが歌い出します。

いや、そりゃもう楽しいに決まってますよね笑

f:id:tamakomaru:20170308003834p:plain

だから、

『今回はこんな感じで楽しい映画になるのかー( 'ω' )』

と最初は思っていたんですよね。

   しかし 

さすがセッションの監督。なかなか一筋縄では終わらせてくれません。

詳しく言うとネタバレになるので控えますが、またラストのシーンでやってくれました

このラストシーンは賛否両論あると思うのですが、わたしは良かったと思います。

『あー、そうなるのかー_(┐「ε:)_ うーん、けどやっぱり現実ってこうだよね笑』

などと、一人で悶々としていました笑

   音楽について

なんといってもミュージカル映画なので、さまざまなジャンルの歌や音楽が登場します。

どの音楽1つ取っても絶品であり、特にオープニンで流れる”Another Day of Sun"は、ほんとに聞いているだけで元気がもらえます\\\\٩( 'ω' )و ////

(予告のBGMで流れているやつです)

あと主人公のピアニストのセバスチャンは、自分でJAZZ BARのお店を持つのが夢であり、劇中にも多くのJAZZ が流れます!

普段あまりJAZZ を聞かない人も、ぜひこの映画を機会に聞いてみてくださいね🐻

主人公が熱くJAZZを語るシーンには、思わず『うん、うん、そうだよなー』と共感してしまいました笑

現在"Apple Music" でもサントラが聞けるので、登録している人はぜひ聞いてみてください٩( 'ω' )و

f:id:tamakomaru:20170308005740p:plain

(この記事書きながらサントラに浸っております)

   最後に

”ラ・ラ・ランド”の魅力はわかってもらえたでしょうか?

現在も日本全国の映画館で放映中なので、機会があればぜひ観てくださいね。

スクリーンの前で、絶品の音楽、王道のラブストーリー、ラストシーンの衝撃、などなどここには書ききれない見所があなたを待ってますよ( 'ω' )

では、ここまで読んでいただき、ありがとうございましたー_(┐「ε:)_

-レビュー, 映画
-, ,

Copyright© たまこ生活 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.